教育研修7つのポイント

ライフワーカーズならではの教育研修に臨むスタンスや考え方、実施の特長をわかりやすく解説!

最適なカリキュラムのご提案

お役に立てる教育ニーズ=お困りごとをご紹介!

豊富な研修実績

研修や講演などの提供先並びにご活用或いは履修頂いた皆様のお声をご紹介!

ライブドアブログで好評連載中!講師四方山話

代表講師のブログ

研修生の皆様へto trainees

課題や手続きのご案内

株式会社ライフワーカーズ/Lifeworkers

トップ >> 講師紹介

講師紹介

当社の教育力は代表講師の人生観と能力・キャラクターに集約されます。

代表講師
菅沼 義一 ( すがぬま ぎいち)

祖父は西海学園高校( 長崎県 )の創立者、父親は 旧小西六写真工業( 現 コニカミノルタ )の営業部長を経て関連会社社長。帝王学教育の一環で、小学校3年生の時から毎年一人旅に出されて育ったが、この教育が奏功したのか度を越す逞しさを身につけた。中学校時代から準備を進めて高校進学時には両親を説得して独立を果たす。働きながら高校へ進学、そして、縁あって芸能の世界で活動を始め、東京放映芸術学園に進みアクターズメソッドや舞台演出などを修める。波乱万丈な青年時代を過ごす。
 

18歳からはホテル業界へと進み、東京のプリンスホテルグループでサービスマンからスタート。やがて「感動を売る職業」であるホテルマンの指導育成に携わるようになる。アクターズメソッドや舞台演出の技法を独自に改良した新人トレーニングで評価を得、22歳で会員制リゾートホテルを全国展開するリゾートトラスト( 愛知県 )の教育担当としてスカウトされる。全国展開している各地ホテルのスーパーバイザー及び毎年のようにオープンする新規開業ホテルのスタッフ採用と教育、その他全社的な職種別、階層別の教育にも携わるようになる。この間、採用教育に関する大きな予算を任されるようになり、各分野で著名な企業教育の専門家をコーディネイトしながらノウハウを蓄積する幸運に恵まれる。

33歳で当時の上司の紹介により住宅事業、ホテル事業、スポーツ事業、福祉事業などを展開するフ ジケングループ( 愛知県 )の本社部門にスカウトされ転職。各事業分野での人材採用、教育などを担当する他、経営企画室にも籍を置き、新規事業の立ち上げを含め社業全般の運営業務に携わるようになり、41歳で関連会社社長に就任。その後、独立資本で教育コンサルタント会社「株式会社ライフワーカーズ」を設立し、フジケングループ関連会社社長を辞任、一部事業を承継して新会社社長に就任して今日に至る。

大手企業を含む数社で30年に及ぶ企業教育、人事業務を経験した強みを活かし、実践的、効果的、そしてユニークな教育研修を全国の企業、団体で展開し好評を得ている。また、人材活性、組織活性に向けた仕掛けや体制づくりについてコンサルティングを手がけている。一方、学校や専門機関において、若年者の心路指導、就職指導の観点で多くの講演や執筆活動も行っている。

企業第一線の現場感覚をベースに独自に編み出した職種や階層別の十ヶ条講座、汎用理論を応用発展させた企業組織論講座(マネジメント論)、更にホテルマン時代に培った接客感性をミックス、応用、発展させたホスピタリティトレーニング講座(サービス論、CS論、接客訓練)、心理学ベースのメンタルマネジメント講座や創造性開発講座など特色のある教育ソースを持つ。これに情熱的だが大らかなキャラクターが相まって、教育研修の現場では独特の世界観を醸し出している。つぼにはまる研修生が続出。

趣味はキャッチ&イートの釣りとキャンプ、寺社散策を含めた歴史探訪の旅。音楽は、ジャズ系は4ビート、クール、モダン、スィング、ボサノバが、クラシック系ではバロック、室内楽が趣味。青年期はトランペット演奏でライブハウスに出ていたことも。4女の父、4人の孫の爺。研修アシスタントと事務長を務める愛妻と二人三脚で全国を駆け回っている。

著書に中部経済新聞社出版「若者たちへの心路指導」。執筆寄稿は新聞、雑誌に多数。

以上

     
▲ ページの先頭に戻る