教育研修7つのポイント

ライフワーカーズならではの教育研修に臨むスタンスや考え方、実施の特長をわかりやすく解説!

最適なカリキュラムのご提案

お役に立てる教育ニーズ=お困りごとをご紹介!

豊富な研修実績

研修や講演などの提供先並びにご活用或いは履修頂いた皆様のお声をご紹介!

ライブドアブログで好評連載中!講師四方山話

代表講師のブログ

研修生の皆様へto trainees

課題や手続きのご案内

株式会社ライフワーカーズ/Lifeworkers

トップ >> よくあるご質問 >> Q43.研修生が講義中に眠くならない仕掛けをお願いできますか?

Q&A よくあるご質問集

ここでは、弊社の研修をお申し込みされる際によくあるご質問と、それに対する回答を掲載させて頂いております。また、今後もご質問の多い内容については随時掲載させて頂きます。一般的な回答ですので、事案により全てのケースに当てはまるとは限りませんのでご了承下さい。こちらに掲載されていないようなご質問などがございましたら、お気軽にメール等にてお問い合わせ下さい。

43. 研修生が講義中に眠くならない仕掛けをお願いできますか?


はい。勿論、予め研修の随所にその仕掛けがちりばめられたカリキュラムプランを提案申し上げます。例えば、研修レポートの作成及び上長交換、既習事項の職場実践とそのレポート作成及び上長交換、職場実践レポートに基づく発表及び公開審査会の実施、既習事項の定着強化を狙った各種審査及びテストの実施、行動力増幅のための各種審査の実施、価値観を精査するためのグループ討議の開催、各種自己分析及びビジョン再構築の資料作成、各種研修ゲームの実施、その他、卒業規定を設けて最終カリキュラムに向けて卒業追い込みをかけたり、最優秀及び優秀研修生賞を設定し最終カリキュラムで認定書や商品の授与をしたりと、仕掛けは盛りだくさんです。教育に関する名言に「真実は感動を伴って授受される」(旧神戸教育大学教授:故 森 信三 氏)という教えがあります。つまり、いかなる真理も感動を伴わない限り授受されることはないということです。痛烈な気づき、ときめく発見、カタルシス、ワクワクドキドキがないと感動足り得ません。緊張と弛緩がその極意です。私どもは、感動を呼ぶ仕掛けにこだわってカリキュラムを企画、運営します。


 但し、上記の仕掛け事例は6回以上の複数回カリキュラムで実施する場合のものです。これよりも少ない回数で完結する研修では、仕掛けを数多く配する余裕がございません。なぜなら、仕掛けを講じれば、その効果を検証したり、訴求、追究したりする時間が研修時間そのものの中で必要となってくるからです。少数回カリキュラムの場合、限られた仕掛けとはなりますが、ご相談に応じて、これを効果的に配して研修を企画、運営します。


 よくあるご質問一覧へ戻る

▲ ページの先頭に戻る