教育研修7つのポイント

ライフワーカーズならではの教育研修に臨むスタンスや考え方、実施の特長をわかりやすく解説!

最適なカリキュラムのご提案

お役に立てる教育ニーズ=お困りごとをご紹介!

豊富な研修実績

研修や講演などの提供先並びにご活用或いは履修頂いた皆様のお声をご紹介!

ライブドアブログで好評連載中!講師四方山話

代表講師のブログ

研修生の皆様へto trainees

課題や手続きのご案内

株式会社ライフワーカーズ/Lifeworkers

トップ >> ライフワーカーズの人財教育の概念とアプローチ

価値観のゆらぎに一石を投じる教育

ライフワーカーズの人財教育の概念とアプローチ

価値観の再構築を通じた 『 あり方 』 教育で成果を追究/人は日常にあって、ものごとをいちいち深く考えません。それぞれ固有の価値観に基づいて情報や事象を次々と処理しています。価値観が違えば、同じ局面に遭遇しても人によってとる行動は異なりますし、仮に深く考える局面であっても、その志向や思考は固有の価値観に基づいてしまいます。重要なのは価値観なのです。イフワーカーズの教育は価値観の再構築を通じて以下の三つの『あり方』に焦点を当て、COREの『あり方』を追究します。

成果は「あり方」「やり方」「環境」の積によって求められます。
とりわけ人財育成の要点は「あり方」です。
なぜなら、「あり方」が整った人は「やり方」「環境」を自ら工夫改善して行くからです。

講師四方山話「あり方」の考察

▲ ページの先頭に戻る