教育研修7つのポイント

ライフワーカーズならではの教育研修に臨むスタンスや考え方、実施の特長をわかりやすく解説!

最適なカリキュラムのご提案

お役に立てる教育ニーズ=お困りごとをご紹介!

豊富な研修実績

研修や講演などの提供先並びにご活用或いは履修頂いた皆様のお声をご紹介!

ライブドアブログで好評連載中!講師四方山話

代表講師のブログ

研修生の皆様へto trainees

課題や手続きのご案内

株式会社ライフワーカーズ/Lifeworkers

トップ  »  新着情報  »  ホームページリニューアルまでの一部制限について

ホームページリニューアルまでの一部制限について

────────────────────────


新ホームページへの移行に伴う
現行ホームページの一部機能の停止について

~ ライフワーカーズのHP物語り ~

──────────────────────────

─ 目次 ─



【1】創業当初のインターネットインフラ 


代表の"菅沼"が社員教育事業で個人創業した当時は、ちょうどインターネットのダイヤルアップIP接続サービスが始まった1994年。翌年販売されたWindowsが、初めて商品に西暦下2桁を冠して"Windows95"としたことを覚えています。

1985年に初めてのWindowsが発売されて以来、その頃も、OSはDOS/9系・NT系と、個人向けか企業向けかに明確に分けられていました。なぜか「DOS(ドス)」という語感が懐かしいですね。


IT 01 floppydisc.jpgのサムネール画像


もちろん当時はインターネットなるものも、まだ全然市民権を得ていなかったわけで、菅沼にしてみても自分の事業についてホームページで訴求する発想すらありませんでした。

しかしWindows95の普及で、誰もがインターネットを利用できるような環境が整い始め、また阪神淡路・東日本に象徴される大震災、大災害を幾度も経験して、個人レベルのネット利用の価値、必然性、重要性が認識されるようになり、スマートフォンなどの登場、普及も手伝って、今やインターネットの利用率は日本全国民の90%に迫る勢いです。

総務省の最新調査によりますと、20歳以上60歳未満のインターネット利用率は98.5%です(下左図20~59歳までの2019年平均)。


newhomepage01.jpgのサムネール画像のサムネール画像




【2】 会社設立当時のインターネットインフラ


そうした大きな時代のうねりのなかで、個人創業から10年後の2004年、それまで事業名称であった「ライフワーカーズ」を社名として株式会社を設立しました。

この年のインターネットの人口普及率は66%。その5年前の21.4%、3年前の46.3%から大いに躍進しています。社会全体でこの数字の推移は、正に奇跡的な変化であり、激変期と言えましょう。老若男女を網羅しての数値でありますから。

因みにこの「インターネット人口普及率66%」ですが、普及率調査にあたっての"普及率"の概念は「過去1年間にインターネットを一度でも利用したことがある人の率」となっていました。また日本でスマートフォンが本格的に販売され始めたのが、その年の4年後(2008年)の "iPhone 3G" からであったことなどから、日常的に頻繁にインターネットを利用できる環境にある人は、そう多くはなかったのではと考える方もいるかも知れません。


crowd city 05.jpgのサムネール画像


しかしあにはからんや、10代後半~30代に限っては、携帯電話の i モード を使ったインターネット接続が当たり前の時代になっていました。 総務省の調べによりますと、この年の13~39歳のインターネット利用率は既に91.1%になっていたのです。ですからごく自然の流れなのかも知れませんが、この年、ミクシィを始めとするたくさんの和製SNSが産声をあげました。

また、この頃既に社会問題になっていた出会い系サイトに関しては、前年(2003年)には「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」などといういかめし法律が施行されていました。ことほど左様に若者を中心にして、有象無象を含めてインターネット文化が浸透していっていたのです。

因みにインターネット利用とイコールということではありませんが、この年の世帯あたりのパソコン普及率は77.5%。そしてこの頃になりますと、既に1世帯に2台以上のパソコンがあり、家庭内ランを構築しているような世帯も登場していました。


PC 02.jpgのサムネール画像


まだまだあります。インターネットが社会を席巻し始めた勢いはすさまじく、ITバブルで隆盛を極め今では大企業となった名だたる会社が日夜話題をさらっていました。ライブドア事件然り。楽天のプロ野球進出然り。ヤフーの検索エンジンは1日10億ページビューを突破し、只々恐れ入るばかりでありました。

ITは正に行きつくところまで行き、更に突き抜け、新しい時代をもたらし、私たちは翻弄され、終には支配される日も来るのかも知れないと恐怖さえしたものです。

そしてその前段階で、いよいよ会社の存在実態やそのレベルが、ホームページの「ある・なし」で判断されるような時代が到来するのだろうと、いや到来しつつあると切実な思いに囚われたものです。




【3】 第2の設立当時いよいよ手作りHPの作成に


そしてそれから3年後。 株式会社 ライフワーカーズ を代表"菅沼"の独立資本とした、言わば第2の設立を迎えた2007年のこと。


business man and woman young meeting 05 smile.jpgのサムネール画像のサムネール画像


このとき、インターネットの人口普及率は73%まで上昇していました。もちろん「過去1年間に一度以上利用」基準での73%ですから、老若男女、国民全体としての日常的インターネット利用ということではありませんが、それでもこの年のブロードバンド世帯普及率は50.9%と、初めて全世帯数の半分を超え、家庭内からのPC経由ヘビーユーザーも出始めてきている頃でもありました。そしてこの年、YouTubeは爆発的に利用者を伸ばし、アメリカでは初めて"iPhone"が販売され、来るべきハイパーインターネット時代の幕開けとなったのです。

こうなると時代の潮目は一気に確定モードに突入していきます。既にインターネットは欠かすことのできない社会インフラに育ってしまっていたのです。問題、課題は山積しているものの、もはや私たちはこの流れに逆行することを許されなくなっていたのです。

こうなってしまっては、いくらIT音痴、PC音痴の代表"菅沼"にあっても否応なく、四苦八苦、七転八倒しながら、ようやく手探り、手づくりでホームページ作りに着手せざるを得なくなってしまったのです。


PC work 08.jpgのサムネール画像のサムネール画像


素人が手づくり?・・・と驚かれるかも知れませんが、なにせその頃は、ホームページが「とりあえずある」ことの方が重要で、内容は二の次、三の次でした。当時のホームページは、情報を探しに来た人が、それを適切に得られればそれでよかったのです。またインターネット回線を提供する事業者などからも、無償のテンプレートが数多く出回っていたものですから、これを利用しない手はないといった塩梅でありました。なにせ専門の業者の方にお願いすると、馬鹿にならない金額になるものでもありましたから。




【4】 ついに1億人突破~陳腐化するHP


そしてインターネット人口普及率が初めて80%の大台に乗り82.8%となった2013年のこと。インターネットユーザー数はついに1億人を超えました。ブロードバンドの通信基盤も全国で整い、世帯数を基準にしたブロードバンド利用可能率は100%、超高速ブロードバンド利用可能率は99.4%に。結果、この年の固定系ブロードバンド利用率は契約世帯に対して64.7%、固定系超高速ブロードバンド利用率は48.1%となりました。インターネット回線の契約世帯のうち、2件に1件はブロードバンドか超高速ブロードバンドを契約するようになったのです。社会全体で公私にわたってインターネット利用が加速していったのです。


smartphone 11.jpgのサムネール画像


またスマートフォンの普及も急速な伸びを見せ、この年の保有率は全体で39.1%と、まだまだ途上感のある数字ですが、しかし世代別で見ると、13~19歳で64.3%、20代で83.7%、30代で72.1%、40代で53.9%、50代で33.4%になっていました。つまり、20~30代では「持っているのが普通」の時代になっていたのです。

そのほんの数年前まで、大学生の就職活動は紙媒体中心だったのですが、この頃になりますと、スマホ経由でインターネットを活用した就職活動が中心となり始め、全国の人事担当者のおじさんたちは、ねじり鉢巻きでインターネットによる求人、採用のスキーム構築に勤しんだものです。

さてこの頃(2013年)になりますと、2007年の独立資本への移行期にあわせて素人手作りし始めた私どものホームページも、たった5~6年、完成してからは4年程度しか経っていなかったのにも関わらず、倍々速で進化するインターネット世界にあっては、すでにみすぼらしくさえ思えるようになってきてしまっていました。時代の移り変わりは早いものです。巷にはビジネスチャンスに敏感なIT関係者がごまんといて、次々に全国の会社のホームページを洗練させていたのです。


woman young foreigner oh ho.jpgのサムネール画像


そこでそれまでの、素人手作り感満載のホームページを改め、いよいよ専門業者の方にお手伝い頂いて本格的なもの(今振り返ってみますとお恥ずかしい限りですが、当時としては"本格的")をつくり込むことにしました。それが現行のホームページです。




【5】 加速するインターネット世界の洗練~"シン"HPへの移行


しかしそれとて、あっという間に陳腐化してしまいました。時代の流れは正に「駟の隙を過ぐるが如し(しのげきをすぐるがごとし)」であります。加えてサーバーの契約が古く、さまざまな制約や不具合に見舞われてくると、尚のことサイトとしての古くささは否めなくなってまいりました。

こうしてインターネットが社会基盤としてなくてはならないものとなった今、加えてコロナ禍が期せずして牽引したテレワーク、リモートワーク、そして定着し始めたニューノーマルな働き方の時代。それに合わせた私どもの新商品や新規事業の訴求を、時代にマッチした形でしていかなくてはならない必然性に迫られ、ついに3回目のホームページづくりに挑戦することといたしました。

情報を探しに来てくださった方が、求めていた情報が手に入ればそれで良いというのではなく、わくわくドキドキして下さるような、探していた情報を上回る役に立つ内容を提供できるような、また必要最低限ではなく、ディープに知って頂き、理解、共感、そしてなんらかのアクションに繋げて頂けるような、そんなホームページをつくろうと決心したのです。

[▼現時点構想・・・こんな風にできたらいいな]

2021.09.16.newhomepage top.jpgのサムネール画像のサムネール画像


つきましては、契約が古く使い勝手のよくない現行サーバーに残ったデータを基にして、現行ホームページの機能を最小限に抑えながら暫く運用しつつ、一方で新たなITパートナーと手を携えて、新ホームページを制作中です。

上のイメージは、その新しいITパートナー企業から提案頂いたトップページです。面白そうです。

但し先述の通り、新しいホームページに移行するまでの間、様々な事情、制約によって現行ホームページの一部の機能が使えなくなっております。それがなんともみすぼらしく、切なさいっぱいであります。しかし資金にふんだんな余裕のある大企業ではございません。着実に少しずつ前に進んでいかなくてはなりません。

なりは小さくとも、教育品質では日本を代表するユニークさと精度があります。新しいホームページでは新商品、新規事業の展開についても訴求してまいります。正々堂々の完成と新たな訴求に旨膨らませ、日夜研修業務の合間を縫って、その作業を進めているところであります。


business man tired foreigner 03.jpgのサムネール画像


以前に新しいホームページを立ち上げる際は、細かなデータ入力まで含めて都合2年以上も費やしたことから、果たして今回はどのくらいかかるのかしらんと不安もありますが、親身になってくれる専門業者のかたに励まされ、癒され、作業を進めております。

皆さまにおかれましては、暫くの間ご不便をおかけしますが、なにとぞ事情をご賢察頂きまして、温かい目で見守っていて頂けますようお願い申し上げます

また新しいホームページでは、研修生の皆さまのお写真、レポートの一部などを抜粋してご紹介させて頂きたく考えてもおります。そちらに関しても、メールアドレスがわかっている方については、許諾申請をさせて頂きますので、併せてご協力頂ければ幸いです。とりわけ優秀研修生の皆さまにつきましては長く、その栄誉を称えたく考えております由。

2022.03.20. 更新
2021.09.16. 初稿


28.seizasugasan-ozigi2baori.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像







▲ ページの先頭へ戻る