教育研修7つのポイント

ライフワーカーズならではの教育研修に臨むスタンスや考え方、実施の特長をわかりやすく解説!

最適なカリキュラムのご提案

お役に立てる教育ニーズ=お困りごとをご紹介!

豊富な研修実績

研修や講演などの提供先並びにご活用或いは履修頂いた皆様のお声をご紹介!

ライブドアブログで好評連載中!講師四方山話

代表講師のブログ

研修生の皆様へto trainees

課題や手続きのご案内

株式会社ライフワーカーズ/Lifeworkers

トップ  »  研修生の皆様へ  »  お客様コード 「 NVS22(2) 」 組織活性化研修 事後学習案内

お客様コード 「 NVS22(2) 」 組織活性化研修 事後学習案内

───────────────────────────────────


 お客様コード「 NVS22(2) 」 


組織活性化研修


 マインド&コミュニケートアップ コース 


第2日程(第2シリーズ)後の各種ご案内



───────────────────────────────────


N9.seiza-ozigi-2baori-sugasan.jpgのサムネール画像のサムネール画像

研修、おつかれさまでした。


づきのテーマパークはいかがでしたか?


さて皆さんの学びの質を高める仕掛けとして、下記をご案内申し上げます。納期厳守でお取り組み頂きますようお願いします。


課題の納期は、皆さんの学びの質を高める前提で設定されています。




──────────────────────────────




button square 01.jpgのサムネール画像のサムネール画像 研修日程 



第1カリキュラム ・・・ 2022年3月22日(火) 


第2カリキュラム ・・・ 2022年3月23日(水)  






button square 01.jpgのサムネール画像のサムネール画像 事後学習課題



1.研修レポート作成・提出 (※必須)


  作成納期     : 3月25日(金)

  上長提出納期  : 3月28日(月)15時

  事務局提出納期 : 3月31日(木)15時


  研修開講前の案内画面及び研修レポート裏面最下段の要領に従って、納期

  厳守で作成、提出してください。






2.学びの成果"追究シート"作成・提出 (※必須)


  上長面談納期  :  3月31日(木)15時

  シート作成納期   4月  6日(水)15時

  上長承認納期    4月11日(月)15時

  事務局提出納期: 4月13日(水)15時


  本シート作成前に、研修レポートを作成し、研修レポートに基づいて上長

  面談を実施してください。研修レポート作成によって学びが概念化され、

  それを受けて、研修レポート内の決意をより具体的なものにする形で本

  シートの作成があるものと心得てください。


  作成要領、取扱及び提出要領は本シート末の水色マーキング部分をご

  確認ください。


  サンプル兼書式は事務局さま経由でメール配信いたします。







3.企業組織の根本価値観Ⅰ「組織生成論(機能型~)」テキスト内
   記号付き虫食い文章の穴埋め推敲及び自己添削(※必須)

       

  推奨実施時期目安:

    学びの成果"追究シート"作成後直ちに実施


 先ずはテキストのメモを頼りに、自力で穴埋め推敲をして下さい。また「共同体
 型組織の成り立ちと価値観」(テキスト8-11頁)については未履修です。純粋
 に、楽しみながら穴埋め推敲をして下さい。

 その後、下記模範回答を参考に自己添削し、改めて学びを噛みしめ、腹に落と
 し込んで下さい。しっかりと赤ペンで添削されることをお薦めします。

 願わくばテキストを複写し、虫食い部をホワイトで消し込んだ振り返り学習用テ
 キストを作成し、虫食い部が完璧に穴埋め推敲できるまで繰り返しトライされ
 ることを期待しています。

 先ずは「共同体型組織の成り立ちと価値観」(8~11頁)の穴埋め推敲に役立
 つよう、未履修部分テキストの図(5)~(7)と、その直下にあるポイントメモ部
 分の、仮に当該部分を履修したとした場合の模範的なテキストメモをご覧いた
 だきます。

[共同体型組織の成り立ちと価値観]テキスト8P上部回答.jpg
[共同体型組織の成り立ちと価値観]テキスト9P上部回答.jpg
[共同体型組織の成り立ちと価値観]テキスト9P下部回答.jpg

 上記をテキストへ転記したら、改めて、履修した1~7頁の記号付き虫食い文
 章の穴埋め推敲、そして未履修部分8~11頁の記号付き虫食い文章の穴埋
 め推敲を行って下さい。

 この穴埋め推敲が終わるまで、下記の回答を見てはいけません。

 ご自分の推敲が合っていようが、間違っていようが、自分で考え、添削し、学ぶ
 ことが大切です。これによって「アハ体験」が生まれ、その体験が脳を活性化さ
 せ、概念をより精査させる方向に働きます。

 ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ 

 ご自分の力で穴埋め推敲が完了した方のみ下記をご覧ください。下記により、
 ご自分の回答を添削し、アハ体験を楽しんで下さい。そして概念を効果的に精
 査して下さい。


記号付き虫食い箇所模範回答(1).jpg
記号付き虫食い箇所模範回答(2).jpg






4.既習事項の復習と補完学習(推奨)     


  人間は忘却の動物です。1日当たりの復習範囲を細分化して定め、毎日振り

  返り学習を行って下さい。繰り返しになりますが、1回や2回、研修に参画し

  たからといって、そうやすやすと人間は成長するものではありません。気づき

  を活かす思い切った行動や、既習事項を繰り返し精査してしっかりと概念化

  するなどの事後の熱心な取り組みが必要です。


  どれだけ短い期間であったとしても、最低3ヶ月程度は学びをしっかりと振り

  返る期間として自主設定され、気づきなおし、学びなおし、都度よりブラッシュ

  アップした再概念化、そして「できる化」を進めていって下さい。


  成長は、要はそうした具体的な取り組みを「やるか」「やらないか」にかかって

  います。気づきも、ひらめきも、「なるほど」「そうか」の感嘆詞も、すべからく成

  長のためのきっかけに過ぎません。自分自身と周囲の人々、そしてその先に

  存在する人間(じんかん)のより良い成長、進化、発展のため、学びを止めな

  いよう心してください。


  もちろん還暦手前の講師自身、日々気づき、学び、行動を整えなし、概念を

  進化させ、成長し続ける日々であります。共に成長いたしましょう






5.効果測定(振り返りテスト)(※任意又は別途会社から納期指定あり


  事務局さまを経由してリモートトライできるツールを連絡さしあげます。一斉

  実施の場合もありますが、その後はいつでも再チャレンジができるように

  設定しておきます。複数回トライして、最終的には万点を目指してください。



以上  




sugasan-ongreen2.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像





▲ ページの先頭へ戻る