教育研修7つのポイント

ライフワーカーズならではの教育研修に臨むスタンスや考え方、実施の特長をわかりやすく解説!

最適なカリキュラムのご提案

お役に立てる教育ニーズ=お困りごとをご紹介!

豊富な研修実績

研修や講演などの提供先並びにご活用或いは履修頂いた皆様のお声をご紹介!

ライブドアブログで好評連載中!講師四方山話

代表講師のブログ

研修生の皆様へto trainees

課題や手続きのご案内

株式会社ライフワーカーズ/Lifeworkers

トップ  »  研修生の皆様へ  »  お客様コード 「 WAIT-1(2) 」 女性活躍基礎セミナー 事後学習案内

お客様コード 「 WAIT-1(2) 」 女性活躍基礎セミナー 事後学習案内

───────────────────────────────────


 お客様コード「 WAIT-1(2) 」 


 女性活躍基礎セミナー 


組織活性化研修 "プレコース"



第2カリキュラム後の各種ご案内 



───────────────────────────────────


N9.seiza-ozigi-2baori-sugasan.jpgのサムネール画像のサムネール画像

研修、おつかれさまでした。


光陰矢の如く、第2カリキュラムが終了いたしました。

本日の気づきのテーマパークはいかがでしたか?


さて「光陰矢の如く」と申しましたが、月日の移ろいのなんと早いことか。毎日が面白いように過ぎて行きます。


今年の盆休みのことは覚えていますか? GWや初詣のことはどうでしょう? 昨年のクリスマスのことは?


woman-akiregao.jpg

思い出すことができたなら、それはまるで昨日のことのように脳裏によみがえってくることでしょう。 一年なんて「あっ」という間なのです。


ということは、「あっ」と2回言うと2年、5回言うと5年、10回言ったら10年が過ぎてしまう勘定です。


さあ、指を折りながら「あっ」と繰り返してみましょう。当に光陰矢の如く過ぎ去る感覚を実感し、驚愕されるでしょう。そして、その延長線上で、人生は「あっ」と言う間に過ぎ去って行くのです。


gekiryu uzu.jpg

しかしだからといって焦ってはいけません。焦ると、激流たる時の流れに足元をすくわれ、もみくちゃにされながら流されて行ってしまします。


ですから地にしっかりと足をつけ、確かな自分をつくりあげながら、自分自身の中に時の流れをつくっていくように心がけたいものです。


自分が流されていくのではなく、自分の中に流れをつくっていく。そこが肝要です。


growth image 01.jpg

さて泣いても、笑ってもあと1回の研修です。お忙しい毎日にあって、予復習はさぞ大変でいらっしゃろうと存じますが、ご自分の中にしっかりと「より良い変化」の流れをつくり、育てていってください。


失敗をガハハと笑い飛ばしながら、楽しく、大らかに、周囲の皆さんと表裏一体となりながら。


それでは下記に、次回最終カリキュラムに向けた課題のご案内を差し上げます。納期厳守でお取り組み頂きますようお願いいたします。


suga-san 2013-03(hirameki).jpgのサムネール画像

第3カリキュラムでは、各種事後学習をもって益々学びの価値を増大させ、成長に向けて確かな手応えを得られ、更に意気軒高となった皆さまにお目にかかれるものと楽しみにいたしております。




────────────────────────────




button square 01.jpgのサムネール画像のサムネール画像 研修日程 



第1カリキュラム ・・・ 2021年10月13日(水) - - - 修了


第2カリキュラム ・・・ 2021年11月18日(木) - - - 修了


第3カリキュラム ・・・ 2021年12月15日(水)





button square 01.jpgのサムネール画像のサムネール画像 事後学習



1.研修レポート作成・提出(※必須)


  作成納期      : 11月22日(月)

  直属上長提出納期: 11月24日(水)15時

  事務局提出納期   : 11月29日(月)15時  


  研修開講前の案内画面及び研修レポート裏面最下段の要領に従って、納期

  厳守で作成、提出してください。


  事務局提出時は、前回同様電子データでお願いします。


  尚、作成にあたっては下記にご注意ください。


  ①気づきは多ければ多いほど良し。気づきが多くなれば、その分、選ばれた

    3大気づきの価値が増していきます。


  ②気づきの列挙にあたっては、数もさることながら質も重要です。内容の薄い

    気づきにならないようご留意ください。研修に参画していない第三者が初見

    で読んでも誤解なく、正しく理解できることが重要です。そして表面的ではな

    い核心に触れる説明があって然るべきです。


  ③3大気づきのキャッチコピー化は満足がいくような仕上がりになっています

    か? 自分自身がグッとくるような象徴的表現をクリエイションしてください。

    単に要約するだけではキャッチコピーにはなりません。


  ④イメージ欄のクリエイションは満足がいくような仕上がりになっていますか?

    ビジネス世界は総合芸術の世界です。ときめくようなあなたの気づきや学び

    を伝えてください。後に研修レポートを振り返ったときに、自分自身がときめ

   きなおすような出来栄えを目指してください。3大気づきのキャッチコピー化

   と連動するイメージになると、よりグッとくる学びのイメージ化が適うでしょう。


  ⑤レポートはメモではありません。読み手がいます。読み手が読みやすい、わ

   かりやすいように、細部にこだわりましょう。「やりゃぁいい」「書きゃぁいい」で

   ではいけません。例えば継紙を使用するのであれば継紙№の記載や、気づ

   き列挙の展開先の補足説明、或いは列挙エンドのピリオド打ちなど。




2.職場への研修報告(気づきと決意の宣言/※必須)


  実施時期:研修レポート作成後すぐの朝礼時または出勤時


  (※以下前回同様のご案内です)

  勤務体系上、朝礼に出席可能なかたは極力朝礼時に職場全体へ口頭報告、

  宣言してください。そのうえで朝礼に参加していないかた向けにメールでも

  報告、宣言してください。


  朝礼に参加できない勤務体系のかたはメールを活用して同床のかた全員に

  報告、宣言してください。


  報告・宣言内容・・・


  ①研修名及びカリキュラム

  ②研修テーマ及びカリキュラムテーマ

  ③気づき数及び三大気づきの内容(研修レポートによる)

  ④自らの不足部分の認識(研修レポートによる)

  ⑤導き出された決意(「これだけはやる」を具体的に/研修レポートによる)




3.決意の実践(※必須)


  開始時期 : 研修レポート作成後直ちに実践開始


  (※以下前回同様のご案内です)

  研修レポートに記載し、職場宣言した決意を力強く実践して下さい。実践内容

  の報告については、実践レポートを使用して頂きます。




4.E職場活性の実践(研修同期生への学びと宣言の報告/※必須)


  実施納期 : 11月26日(金)17:20


  方法 : Eメール


  宛先 : To ・・・ 研修同期生全員

       Cc ・・・ 直属上長・支社長・研修事務局担当及び係長、課長

            講師 ( giichi_suganuma@lifeworkers.co.jp )


  内容 : ①研修レポートの気づき数

       ②研修レポートの決意(D欄)

       ③職場への研修報告の日時と方法・内容

       ④研修についての簡単な感想

       ⑤他(研修同期生が更に学びに前向きになれるような内容)



  「むずかしい」「できない」「できていない」などは不活性促進発信となります

  嘘をつく必要はありませんし、そのようではいけませんが、"E職場活性発信"

  の名に相応しい発信をお願いします。


  また、コミュニケーションの基本は2wayと学びました。研修生各位からの発

  信に対しては、全員がひと言、ふた言で構いませんので、必ず2wayを実施

  して下さい。


  但し上記外でのE職場活性については、貴社閉域網内のチャット等を活用し

  た方が相応しい場合は、そちらを利用してください。




5.EGOGRAM因果及び改善分析(※必須)


  事務局提出納期 : 11月30日(火)15時   


  サンプルを参照して分析要領を確認、これにそって因果分析、改善分析を実

  施してください。


  必ず因果分析を先に実施し、その後改善分析をするようにしてください。つじ

  つまが合わなくなります。


  研修事務局提出の際は電子データにてお願いします。


  


6.第2カリキュラムの復習(※推奨)


  実施時期 : 自らのE職場活性発信後直ちに開始


  (※以下前回同様のご案内です)

  人間は忘却の動物です。1日当たりの復習範囲を細分化して定め、毎日振り

  返り学習を行って下さい。テキスト数ページの読み返しだけでも結構です。或

  いは研修レポートの読み返しと、決意実践の確認だけでも結構です。


  1回や2回、研修に参画したからといって、そうやすやすと人間は成長するも

  のではありません。気づきを活かす思い切った行動や、既習事項を繰り返し

  精査してしっかりと概念化するなど、事後の熱心な取り組みが必要です。




7.企業組織論設問集GSTIWへの取り組み(※必須)


  実施時期       : 次回研修前1週間以内程度の時期

  事務局提出納期 : 12月10日(金)15時

 

  当該設問集の表紙にある要領並びに所定の「学習の進め方」資料に沿って、 

  学習を進めてください。


  提出の際は電子データでお願いします。    




8.実践レポート作成・提出・持参


  作成時期       : 次回研修3日前程度の時期に作成

  事務局提出納期 : 12月14日(火)15時


  研修開講前のPPT案内画面及び実践レポート裏面最下段の要領に従って

  作成、直属上長提出し、研修事務局へ電子データで提出してください。 


  


以上  





sugasan-ongreen2.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像








▲ ページの先頭へ戻る