教育研修7つのポイント

ライフワーカーズならではの教育研修に臨むスタンスや考え方、実施の特長をわかりやすく解説!

最適なカリキュラムのご提案

お役に立てる教育ニーズ=お困りごとをご紹介!

豊富な研修実績

研修や講演などの提供先並びにご活用或いは履修頂いた皆様のお声をご紹介!

ライブドアブログで好評連載中!講師四方山話

代表講師のブログ

研修生の皆様へto trainees

課題や手続きのご案内

株式会社ライフワーカーズ/Lifeworkers

トップ  »  研修生の皆様へ  »  お客様コード 「 KT21N 」 組織活性化研修

お客様コード 「 KT21N 」 組織活性化研修

────────────────────────────────

組織活性化研修 " 新社会人コース "
第2カリキュラム修了後の各種ご案内

─────────────────────────────────


business-man-graph-growth-under the neck.jpg人間一人の力などちっぽけなもの。ましてや右も左もわからない新入社員となれば尚のこと。

でも皆さんの周りには、皆さんを育ててくれる優秀な人財が揃っています。

しかしいくら人財とて、人間は人間。人間は最終的に感情で動く生き物です。

皆さんを育ててくれる人財にするか、ただの人材にとどめてしまうかは、皆さん次第です。

先輩、上司の教える力を引き出しましょう。

「新入社員らしさ」を際立たせ、人財の宝庫を活用しましょう。

「新入社員としてのあり方」を整え、当初1年間の仕事の成果を格段に高めましょう。

そのうえで、弾みをつけるべく学んで頂いた2カリキュラムは如何でありましたでしょうか。

人間の価値は「どれだけより良く変わるか」にあります。

弾みをつけて以来、つまりきっかけを得て以来、先輩、上司の教える力を引き出す「影響力」をどれだけ身に付け、言動をより良く変化させることができましたでしょうか。

「新入社員十ヶ条」のすり込み加減は如何ですか? 深くすり込みが適っていればこそ、日常業務でそれが実践できようものです。

第3カリキュラムでそれを検証します。

そして更に学びを深めます。

そこで、下記に次回第3カリキュラム迄の事後学習を紹介さしあげておきます。内容は研修中にご説明申し上げた通りです。

今一度しっかりとご確認頂き、着実にご準備ください。

ローマは一日にして成らず。日頃のからの地道な取り組み、日毎のちょっとずつの変化が大切です。

再開を楽しみにしております。


otukaresamadesitaseiza-sugasan.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


■研修日程(全3カリキュラム)


   第1カリキュラム  2021年4月 2日(金) 8:30~17:00 ・・・ 修了



   第2カリキュラム        4月 5日(月) 8:30~17:00 ・・・ 修了


   第3カリキュラム        5月14日(金) 8:30~17:00







■第2カリキュラム後の課題


1.研修レポートの作成,提出

  提出納期:4月9日(金)朝一番

  提出先 :研修事務局(総務研修担当)

  研修開講前のPPT画面の案内に従って作成し、第1及び2カリキュラム分を
  まとめて提出してください。



2.研修レポート【D】欄 "決意・・・「これだけは必ず実践する!」" の着実な実践

  実践期間:研修レポート作成後直ちに取り組み開始

  研修レポート【D】欄に記述していなくとも、同欄実践に必要な既習事項につ
  いては徹底して実践してください。



3.新入社員十ヶ条の再すり込み(次回審査対策)

  すり込み期間:第2カリキュラム後直ちに再すり込み開始

  第3カリキュラムでは全条文通しで一言一句違わずに諳んじることができなけ
  ればいけません。記憶力の問題ではありません。すり込みです。必要は唱え
  る回数と確かなイメージ付けです。そしてそれを可能にする「弱い自分、情け
  ない自分、だらしない自分」を律する自己統制力です。自己統制力は、社会
  人に必須の本質的な力です。



4.既習事項の復習

  人間は忘却の動物です。3日経つと8割を忘れると言われています。また、
  残った2割も、更に3日経つと残った内の8割が忘れられるとのこと。私たち 
  人間は、当に「妖怪 "忘れん坊"」。せっかくの学びを「なにもなかった」ことに
  しないよう、日々数ページずつでも結構ですから、繰り返し繰り返しテキスト
  を読み返し、また作成した研修レポートを読み返し、学びを着実に自分のもの
  にしていってください。振り返れば、そこには必ず「気づき直し」があり、それ
  が更なる成長のきっかけとなります。

以上 


sugasan-ongreen2.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像







 


▲ ページの先頭へ戻る