教育研修7つのポイント

ライフワーカーズならではの教育研修に臨むスタンスや考え方、実施の特長をわかりやすく解説!

最適なカリキュラムのご提案

お役に立てる教育ニーズ=お困りごとをご紹介!

豊富な研修実績

研修や講演などの提供先並びにご活用或いは履修頂いた皆様のお声をご紹介!

ライブドアブログで好評連載中!講師四方山話

代表講師のブログ

研修生の皆様へto trainees

課題や手続きのご案内

株式会社ライフワーカーズ/Lifeworkers

トップ  »  研修生の皆様へ  »  お客様コード 「 F E K Y 1 - 2 」 組織活性化研修

お客様コード 「 F E K Y 1 - 2 」 組織活性化研修

─────────────────────────

お客様コード[FEKY1-2] 組織活性化研修 「 営業所活性 基礎コース 」

第2カリキュラム終了後の各種ご案内

──────────────────────────



【研修日程】

  第1カリキュラム:2017年10月24日(火) ・・・ 修了

  第2カリキュラム:      11月28日(火) ・・・ 修了



【事後学習】


 1.研修レポート(個人課題)


    第1カリキュラム当日案内及び研修レポート裏面下段の要領通り作成、提出のこと。納期
    厳守。多気づき且つ明確な決意を。



 2.気づきと決意の宣言(個人課題)


    朝礼又は朝礼後の部署ミーティングの席で以下を個人単位で発表。尚、朝礼に係る所用時
    間を考慮し、数日に分けて発表する事。発表順は定めず挙手指名発言制で期限までに全
    員が発表しきること。

    発表期限: 研修終了後1週間以内

    発表内容: ① 第1カリキュラム研修レポートの三大気づきと決意

             ② 第2カリキュラム研修レポートの三大気づきと決意

             ③ 講師公開コメントのマイベスト3



 3.分科会の活動推進と活動報告書の作成(活動報告書は分科会単位の課題)


    紆余曲折はあって当然。トライ&エラーを繰り返しながらも力強く、粘り強く、愚直に推進さ
    せること。

    また以下のタイミングで活動報告書を作成し営業所三役まで提出すること。

      1回目・・・第2カリキュラム修了1ヶ月後

      2回目・・・第2カリキュラム修了2ヶ月後

      3回目・・・第2カリキュラム修了3ヶ月後

      以降   ・・・営業所三役様の指示に従って作成、提出。

    尚、報告書の書式は、全分科会のリーダー及びサブリーダーの話し合いによって統一部分
    と分科会別のオリジナル部分を決めること。但し、最低限、統一部分には以下を織り込むこ
    と。

      a.分科会名称

      b.分科会メンバー氏名

      c.活動期間

      d.活動内容

      e.問題点及び課題

      f.上記に対する方針又は施策

      g.感想・反省



 4.ライフワーカーズ公式教育ブログの講読


    下記各カテゴリ内の全ての記事を講読

    ① ☆7.問題解決論(22本の記事あり) ・・・ 2018年1月31日(水)までに完読及び理解

    ② ☆14.選択すべき変化(5本の記事あり) ・・・ 同2月28日(水)までに完読及び理解

    講読終了後は、営業所活性の更なる刺激材料として、全営業所員宛にメールで簡単な講
    読報告(考察や感想等)をすると効果的。尚、セキュリティ上、会社のPCからブログシステ
    ムを通じたコメント投稿はできない。任意でコメント投稿をする場合は、自宅PC又はスマホ
    等を活用のこと。    



以上         


........................................................................................................................................................................................................
 



営業所三役様と相談のうえ、フォローアップ日程を決め、第2カリキュラム修了後2~3ヶ月程度の
時期に伺わせて頂きます。フォローアップ訪問では・・・

 ①朝礼視察(指導)

 ②分科会進捗報告会

・・・を実施する予定です。

朝礼指導は視察の結果、必要に応じて実施します。講師が「指導の必要なし」と判断するよう朝礼
活性化を増進、増幅していって下さい。

また分科会進捗報告会は各分科会のリーダー及びサブリーダーを集めて実施いたします。意気軒
高たる成果及び進捗報告ができるようしっかりとお取り組み下さい。




01jounetu-kobusi-kagetuki-gensun.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像     













▲ ページの先頭へ戻る