教育研修7つのポイント

ライフワーカーズならではの教育研修に臨むスタンスや考え方、実施の特長をわかりやすく解説!

最適なカリキュラムのご提案

お役に立てる教育ニーズ=お困りごとをご紹介!

豊富な研修実績

研修や講演などの提供先並びにご活用或いは履修頂いた皆様のお声をご紹介!

ライブドアブログで好評連載中!講師四方山話

代表講師のブログ

研修生の皆様へto trainees

課題や手続きのご案内

株式会社ライフワーカーズ/Lifeworkers

トップ  »  新着情報  »  本年度も"就職支援交流会"のコーディネーターを務めました

本年度も"就職支援交流会"のコーディネーターを務めました

去る2016年8月2日(火)、愛知県は名古屋市名駅にあるウィンク愛知で開催された以下の愛知労働局委託事業 (主催:公益財団法人 愛知県労働協会 / 共催:愛知県) にて弊社代表講師の 菅沼 がコーディネーター兼当日の進行役を務めました。

より良い就職(キャリア)指導・支援・採用のために
【 高校・企業・サポステ 第1回 就職支援交流会 】

弊社代表講師 菅沼 がこの事業のお手伝いをさせて頂いてまる3年となります。この事業は愛知労働局からの委託を受けて 公益財団法人 愛知県労働協会 様 が年間1~2回の割合で定期的に開催されてこられたものです。菅沼は3年前の企画段階からこの事業のお手伝いをさせて頂いております。

毎年同様、当日は高校エリアごとに分かれたグループに、高校の進路指導の先生、企業の採用担当者、地域若者サポートステーション担当者が計10名程度属して頂き、活発な情報交換、意見交換を行って頂きました。

またコーディネーター役の菅沼からは、グループ毎の意見交換の内容を全体発表する席で、折に触れ「今起こりはじめている未来・・・深刻な人手不足時代の到来」について、種々のデータや事例を交えてコメントさせて頂きました。当会における同趣旨のコメントはここ数年定番化してきている次第ですが、それは「人不足」が本当に深刻化してきており、社会構造そのものが大きく変わりかけてきていることをしかとご認識頂きたいがためです。

2015年の推計では労働生産人口は7,682(万人)にまで減少しているそうです。これはピーク時の1995年の8,717(万人)と比べて実に1,000(万人)を超える急激な減少です。神奈川県の人口が900(万人)を少し超えるくらいですから、仮に神奈川県の世代人口が15歳から64歳までの労働生産人口100%だったとして、これがまるまる消滅した計算になりますからインパクトは絶大です。そしてこの減少がほぼ確実に進むものと見込まれています。しかしこの事実にしっかりと向き合って、すでに顕著になりつつある超人手不足時代に対応した具体的な施策を講じている企業様はとても少ないのです。これは日本の企業の大半が場当たり的に人を採用してきた歴史があるためだと思われます。そろそろ本格的に会社として人材をいかに確保するかを考え、手を打っていかなくてはなりません。これは急務です。

2016.08.02.愛労協 高校・企業・サポステ 第1回 就職支援交流会.jpg

2016.08.02.愛労協 第1回 高校・企業・サポステ 就職支援交流会 チラシ.jpg
働く人にやりがいと生きがいを 組織に活力を 働こうとする人に元気と勇気、活力を社会に調和を・・・仕事とは人間性を高めるためのツールです。ライフワーカーズは働く真実をたくさんの方々にお伝えしています。

sugasan-ongreen2.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像 









▲ ページの先頭へ戻る