教育研修7つのポイント

ライフワーカーズならではの教育研修に臨むスタンスや考え方、実施の特長をわかりやすく解説!

最適なカリキュラムのご提案

お役に立てる教育ニーズ=お困りごとをご紹介!

豊富な研修実績

研修や講演などの提供先並びにご活用或いは履修頂いた皆様のお声をご紹介!

ライブドアブログで好評連載中!講師四方山話

代表講師のブログ

研修生の皆様へto trainees

課題や手続きのご案内

株式会社ライフワーカーズ/Lifeworkers

トップ  »  研修生の皆様へ  »  お客様コード 「 S O Y K P 」 基幹職 組織活性化研修

お客様コード 「 S O Y K P 」 基幹職 組織活性化研修

────────────────────────────────────────────

基幹職 組織活性化研修"自己統制・セルフマネジメントコース"

研修終了後の各種ご案内

────────────────────────────────────────────


久しぶりの再会に胸ときめかせながらご一緒いたしました。

それにしても光陰矢のごとしです。2年前のあの日、あの時のこと、断片的ではあるものの振り返ってみれば、まるで昨日のことのように思い出されます。

a43c687fa366307245ea35b52846fd6b_s.jpg
このように「あっという間」に人生は過ぎていくのですね。そして何十年後であっても、都度「振り返ってみれば昨日のことのように」と呟きながら・・・

さあ、時間はありません。「あっという間」に人生は完結してしまいます。更により良き人生の為に、益々光り輝くために行動を起こしましょう。

先ずは下記の課題をご確認頂き、実践して下さい。そして、これらをきっかけにして、自律自立的により良く行動を進化、発展させて行って下さい。



★研修日(単日1カリキュラム完結)

   2015年 12月 11日(金) 8:50~17:20 ・・・ 修了



★カリキュラム終了後の課題


   1.研修レポートの作成,提出及び原紙管理

      冒頭の説明及び研修レポート裏面最下段の案内に従って作成、提出願います。

      直属上長提出納期  : 12月15日(火)17時

      研修事務局提出納期: 12月18日(金)17時



   2.研修レポートD欄 " ・・・決意「これだけは必ず実践する!」 " の着実な実践

      今までにない、新たな取り組みであることが基本です。中高生の決意ならまだしも、大
      の大人のそれです。注意、意識、心がけなどに留まらず行動レベルで決意、実践して
      下さい。

      もちろん組織活性化研修の枠組みにおける決意ですから、自分自身の成長のみなら
      ず、同時に組織活性の方向へと向かう取り組みでなくてはいけません。

      後日、この実践についてメールで進捗報告をして頂きます。



   3.EGOGRAM因果分析並びに改善分析シートの作成,提出
 
      上長回覧の必要はありません。上長も未学習の内容です。ご覧になってもピンとこない
      でしょう。仕上げたら直接研修事務局様へ提出して下さい。

      研修事務局様にてとりまとめ幹部から支社長様まで回覧し、事務局様控えと講師郵送
      分の複写を撮ってから返却されます。但し、事務局様提出の際は、念のために返却まで
      の間の個人控えとして複写を撮っておくことをお薦めします。

      研修事務局提出納期: 12月18日(金)17時
      


   4.E職場活性

      全研修生のEメールによるつながりの場(Eメール送受信の仮想空間)を職場に見立
      て、相互に刺激を発信すべく 2wayコミュニケーションを展開して下さい。


      E職場活性実施期間 : 1月12日(火)~22日(金)


      目的:研修生の相互刺激と実践報告
      

      内容:①研修レポートのD欄「決意」の実践報告

          ②EGOGRAM因果並びに改善分析シートに基づく各種実践報告


      宛先: TO ・・・  全研修生

           CC ・・・ 支社長・副支社長・各自の一次上長・事務局・講師 
       

      ★ 講師宛先: giichi_suganuma@lifeworkers.co.jp


      ※研修生同士、互いに発信に対して必ず返信(2Wayコミュニケーション)して下さい。
        尚、返信は簡単なもので結構ですが、CCで返信相手以外の前研修と上記同様の
        CC宛先へ併信して下さい。



   5。既習事項の復習     

      人間は忘却の動物です。1日当たりの復習範囲を細分化して定め、毎日振り返り学習
      を行って下さい。1回や2回、研修に参画したからといって、そうやすやすと人間は成長
      するものではありません。気づきを活かす思い切った行動、既習事項を繰り返し精査し
      てしっかりと概念化するなどの事後の取り組みが必要です。




                                                     以上



                                                 sugasan-ongreen2.JPGのサムネール画像



     




▲ ページの先頭へ戻る